愛犬あんずと覗く日々の出来事


by anzyscope

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『もっと食べるっ』 アニマルコミュニケーション

最初は落ち着かなかったあんずだが、先生との会話が進むにつれリラックス
できるようになる。
挙句の果てには、よっこらしょと寝る体勢に入って目をつぶっちゃったり。

あんずは慣れるのに時間が必要。
大丈夫だとわかったら落ち着けるので、それまで待ってあげて欲しいと。
それに自分の気持ちを確かめて欲しがってると。
『私の気持ちを無視されると心が離れる』って。

日々のコマンドの練習は私とあんずにとって可笑しな楽しい時間なんだけど。
怖がり克服のためとか、真面目なお稽古(教室なんかで)の時には私もちょっと
気持ちに抵抗があることが多かった。
ちょっとというよりかなりか。。。
「犬がかわいそうと思っては駄目、あんずなら出来ると思ってやって」と言われる
ことが多く駄目な飼い主から抜け出すことが出来なかったんだけど。

そういう飼い主の弱気は犬に伝わりやすい。
『嫌な事とわかってるのに母さんは無理やりやらせるんだ』、というふうになって
しまったか。
私から気持ちが離れてる時の顔はわかっていた。
それと反比例してあん父にくっつくことが多くなっていったし。
私の中でも気になっていた灰色の部分だった。

そんな話をしているとき、あんずは時々私に顔を近づけた。
こんなこと言っちゃったけど怒ってない?て感じなのか。
はたまた、自分の心に話しかけてくるのは誰?と言ってるのか。

リラックスのためにと持っていってたフードの袋を気にしだす。
(テーブルの上に置いていた)
ときどき先生から一粒ずつもらってたんだけど。
「お腹大丈夫ですか?全部食べるって言ってますけど」って(笑)
「もっとないのって?先生も持ってきてあげればよかったね、ごめんね~」とか。
「ササミが好きなの?」と聞かれたのに
『何でも食べたい!』と言ったそうだ(爆)
今後の食事指導も聞きたかったんだけど、そこまでの時間はなかった。

この日から数日は私と二人っきりの時間を避けていたあんず(気のせい?)
本音を言ってバツが悪いとおもってたのかしらん。。。
でも今はその逆ですごく甘えたさんになってる。
ここ数年何もないときに自分から抱っこなんて言わなかったのに。
大きなギブスのお手手も振り上げて前からしがみついてくる(汗)
で、抱っこに収まると嬉しそうにしてる。
返事を聞くことはできないけど、いちいちあんずに話しかけて聞いてみることが
多くなった。
嬉しそうに近づいて寄り添うことが多くなったような。
(ま、療養生活のせいでもあるんだけど)


準備不足で、私としては不完全燃焼のように感じてたんだけど、あんずの一番
訴えたい声が聞けたから、結果的にはとても有意義な体験となったようだ。

d0158839_81411.jpg
(大人しぃしてますねん。。。2週間ほど前の写真)
[PR]
# by anzyscope | 2010-05-11 08:03 | あんず

『私は私』 アニマルコミュニケーション

先日、アニマルコミュニケーターの先生にカウンセリングを受けた。

申し込みをした数日後にあんずが骨折してしまいバタバタの日々で。
心の準備(?)のないまま当日がやってくる。


私はイスに座り、スリングに入ったままあんずは私の膝の上。
なかなか落ち着けないあんずのために先生は床にぺったり座り、下から見上げてくださり(汗)
一時間ずっとその体勢で申し訳なかった。
とても優しい雰囲気の先生だったが、自分の黒い心の中まで覗かれそうで(笑)
私はあんずとは別の緊張をしていた。

最初は慣れない場所で(グリーンドッグさんの店舗と隣接した部屋)来客の音にいちいち驚く。
「誰か来た!」とか「ここ怖い」、窓の外を気にして「こっち側には何があるの?」と聞いてたみたい。
10分もすれば少しは馴れてきた様子。
まったく話をしない子もいるそうだが、あんずは先生の質問にはちゃんと答えているとのこと。

あんずの開口一番は『もっと遊びたい!』だった。
そりゃそうだ。。。ずっと遊んでなかったから(悲)
ちょうどこの日の前日から痛みが和らいで、遊びたいモードに入ったところだったのだ。

会話の内容としては私とあん父が普段から感じているままだった。
えっ!意外!というような驚きはなく(笑)
自分達がずっと感じてきたことを先生が言葉に出してくれたような感じ。


いまだに他の犬が苦手で。。。の話題で
先生 「あんずちゃんは自分のこと犬じゃなくて人間だと思ってる?」
あんず『私は私』

母さん達もそうだろうなと思ってたのよね。。。
ま、人間だとは思ってなかったようで(笑)

あんずは強い意思を持っていてプライドが高いんだそうだ。
そうそうこれもね。。。
犬として上位を意識するようなプライドじゃなくて、『他と一緒にしないで』の方。
                                                 (次回に続く)
[PR]
# by anzyscope | 2010-05-06 16:57 | あんず

カテゴリ

全体
骨折
あんず
飼い主
散歩
お友達
からだのこと
たべもの
躾考
犬グッズ
ボランティア
ボランティア勉強会
ワンコレシピ
ホリスティック・ハーブ
ツボ・リンパ・東洋医学
旅行
ペット栄養管理士
歯周病ケア
Robi
シニア犬
未分類

最新の記事

あんず10歳
at 2015-08-22 07:51
10月
at 2014-10-13 21:42
ドクタードッグ活動(北摂中央..
at 2014-06-21 23:14

以前の記事

2015年 08月
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

LINK

ライフログ

検索

人気ジャンル

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
スピリチュアル

画像一覧