愛犬あんずと覗く日々の出来事


by anzyscope

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

しらす乗っけ

d0158839_7284130.jpg
 プップをする直前は場所が決まるまで小躍りステップを踏む姉さん


昨夜の姉さん飯は久しぶりに魚系。
これまでの経過ではイワシを生では食べてくれないので、カボチャと一緒にハンバーグ状にしていたが、昨日は半身ずつフライパンで焼いただけ。
いつもの野菜煮には、朝晩冷えるようになってきたこともあり生姜をプラスした。

お皿の中に野菜煮ペースト状を入れてからイワシの焼いたのを置いて、その上に大好きな牛肉、トッピングにしらすを。
随分好みだったらしく、食べ終わった後も我々の膝の上に手を置いて
『もっと食べたい~!』
絶対もらえないあん父の膝にも手を置いていた。
いつもなら食べた後はベッドの上で我々が食べ終わるのを待ってるのに(凝視しながらね)よほど気に入ったのね。

こんなに喜ぶなら牛肉無しでも良かったかな。
食いつきの悪いものでも、大好きなものと一緒なら勢いで食べてくれることがあるから保険のために入れたのだ。

ワンコも人間と一緒でいつのまにか好みが変わってきたり。
苦手なものでも好きなものと食べてるうちに食べなれてしまうのか、単独でも食べるようになったり。
食べないから無理と諦めずに、忘れた頃にでもあの手この手を試してみるといいと思う。

d0158839_7405175.jpg

[PR]
by anzyscope | 2011-09-30 07:43 | ワンコレシピ

Wの老化

ここ10日ほど前から(私の)首の前部分が荒れてきた。
と思ってたら日増しにカサカサになり、シャワーの温水があたるだけでも痛くなり。
なんじゃ、これから皮膚炎とお付き合いが始るのか?
ちょうどTVでもダニアレルギーの写真が映り、クリソツではないか!と慌てて皮膚科に行った。

いろいろ思い当たる節があったんだけど、それは全部先生に却下され(汗)
夏の間に汗をかいて弱ってきていたところに身体を洗うタオルの材質を固めのものに変えたせいであることがわかった。
(汗拭きシートなるものを使っていたことも肌が弱った原因でもある)
局所的にひどいから身体の中で大変なことが起こってると思ってたのに、タオルのせいだったとは(恥)

ついでに、ここ数年のうちに増えてきたイボについて何か効果のあるサプリでもないかと聞いたんだけど。
これはいいものがないみたい。
強いて言えば、紫外線を極力防ぐ、肌の潤いが大切ということであった。
なぜこんなものが出来るのかと問えば、あっさり「老化です」と。

ほっとしたり、無念に思ったりしながら病院を出る。
自転車の後ろのタイヤがペッタンコになってたので、そのまま自転車屋さんへ。
パンクなんだろうか?と思ってたのに、タイヤ表面の劣化の説明をされ、
思わず「老化ですか!?」と聞いてしまった。
それも妙に勢いよく声を発してしまい、すごく恥ずかしくなった。
店主は笑顔のまま頷いた。。。

d0158839_15363271.jpg
 なんでアタシまで連れていくの?しかも籠に乗せられるの???

夕方、預かりで治してもらったマイ自転車を店で借りた自転車で受け取りに行くときの写真。
もちろん安全ハーネス(のっぺ特製)着用。

[PR]
by anzyscope | 2011-09-27 15:46 | 飼い主

十犬十色

昨日は、姉さんと私でTOUTOU VIVANTさんへ。
お勉強(?)仲間が飼い主さんの様々な相談に乗っているところを見学させてもらうのが目的で。

午前中パートで一笑懸命働いてから行ったので、かなり遅くなってしまったけども。
しかも姉さん珍しく出発前にゲボッと嘔吐。
それでも、尻尾ブンブンで元気だし、私とお出掛けとわかってもちゃんと玄関までしおらしくついてきたから予定通り同行。

ドッグランが併設されてるカフェなので、元気に遊ぶ子がいっぱい。
ということで、姉さんまたブルブルで気配を消すのに必死で(汗)
昔の私ならば無理やり床で過ごす練習をしたり・・・・だけど。
ずっと膝の上で抱っこ。
姉さんはこれでいいのだ。
膝の上にいれば怖いことはないのだとわかってくれればね。
そして美味しいオヤツを食べるというハッピーもついてるよ、と。
お店のワンコメニューで紫芋のモンブランを頼んだが、すごく怖がってるのに完食した(笑)
私が食べてしまいたいくらい美味しそうだったもんね~
怖がってる姉さんの反応を心配したり、残念に思ったりしないことが私の大事な仕事(!)



少し聞いただけでは、ご相談内容に食事に関すること(太ってきたから)があった。
姉さんのスタイル維持は食べ物の内容での反応が早いから苦労したことはないんだけど。
それに気温の変化にも敏感で寒くなると体温維持のためカロリー消費が高くなり、痩せてくる。
が、コタツを使い始めるとコタツの中でマッタリする時間が多くなり、太ってくる。
春になり(夏の手前ともいう)コタツを仕舞うと痩せてくる。
糖分の多い果物や野菜の量が増えると太る。
果物、オイルの量を減らすと痩せてくる。
姉さんてなんて楽なんだろうか。。。

飼い主さんにすれば、このまま太り続けたらと不安なのはわかる。
ヒトの成人病のような病気のリスクも高くなるし、身体的にも腰の弱い犬種ならば気を使うところだろう。

まずは食事の量。
犬猫用のカロリー表やフードに書いてある体重別年齢別適量が目安にはなるが、運動量や環境によっても代謝が違ってくる。
内臓の強さやストレスによっても。
まずは一日の適量を守る。オヤツはそのつど袋から出してるとつい与えすぎてしまうことが多いようだ。
一日分の食事を用意して、その中からオヤツ、朝食、夕食と分けておく。
それ以上は出さない。
可能であれば一日の食事の回数を増やす。
脂肪や糖質の多い食材を減らす。
単に運動量を増やすのではなく、その子の無理のないように。過運動でもいけない。

食事を見直しても、太る、痩せるが解決しないならば、何かの病気の可能性も出てくる。
これまでと様子が違うなど、気になるなら獣医さんに相談するのが一番だ。
d0158839_8451967.jpg
d0158839_8452946.jpg

        姉さんすでに長袖着用です・・・・
[PR]
by anzyscope | 2011-09-26 08:53 | 躾考

『姉さん電車に乗る』の巻

d0158839_2163517.jpg
 姉さんのテンションがあがる『テイク』の練習を利用して

d0158839_217440.jpg
 苦手なバッグに入る練習を(中に入れたオモチャを取る練習)・・・

d0158839_218170.jpg
 中に入れるようになったら出入り口を閉める
 上部窓を開けても緊張していて気付いてない(笑)


こういう練習をしていたのも随分前で(写真は今日撮ったもの)
近場の駅から電車に乗る練習をしようと思いつつ・・・月日は流れ。。。

以前、スリングに入れて構内に入ったことはある(待ち合わせのため)
姉さん、駅の構内だけでもものすごく怖がってしまい、スリングの中で後ろ足もピーンと伸ばして直立。
で、頭は上部のメッシュ部分をぐい~っと持ち上げて・・・
なんちゅうか・・・直立不動のミーアキャットを網に入れて抱えて歩くの図みたいな。。。
なんだか動物虐待で通報されてもおかしくないような感じになってしまい、こりゃスリングでは無理ッスと。

素敵なキャリーリュックも以前にオーダーメイドで作ってもらっていたんだけど、電車に乗るには伏せの姿勢が取れるものである方がいいと判断。
で、イオンのペットショップで見つけた写真のバッグにしたのだ。


18・19日と日本ペットマッサージ協会のアドバンスコースを受講してきた。
1日目は一人で行ったのだが、2日目の昨日はマッサージの受講としては最終日であるし折角の機会だから、姉さんをぜひとも同行したかったのだ。
ならば車で行けばいいもんだけど、必死の試験勉強で頭がフラフラしている状態では危ないので(汗)

片道40分(阪急JRに乗り換えあり)電車初体験の姉さんの様子は・・・
最初に私が背負った状態では、ずっと震えていた(声は怖すぎて出ず)
電車を乗り換えてからは膝の上に乗せていたのだが、バッグの中で立ち上がってくるくる位置を変える。
しばらく立ったままのようであったが、10分くらいしたら伏せの姿勢になり動かない。
思っていたよりバッグの中が暑くなり、途中からずっとパンティングをしているのが伝わってきてあせった。
降りる駅に到着し、やっとこ外の歩道の上で出してあげると尻尾あげあげで喜んだ。
心配してたほどの精神的ダメージはなかったようだ。


帰りは駅に入る直前に、またしても動物虐待のような雰囲気でバッグに無理やり入ってもらった。
オヤツをバッグに放り込み、姉さんを押し込む。
姉さん野生動物のように素早く方向転換してなんとか出ようとする。
私、姉さんの頭をねじこむ。
姉さん、絶対に入らんのじゃ~と反発する。
もぉぎっりぎりファスナーをなんとか閉めることに成功して背負った。

帰りの電車の中では行きよりも早く落ち着いて伏せをしていた。
途中の駅でしばらく停車する時間があったが、その時にやっと余裕が出たのか中に入れていたオヤツを食べ始める。
静かな車内だったので、ボリボリボリ・・・と音が漏れて。
横に座ってゲームに夢中になっていた中学生男子がギョッとして覗き込んだが、「可愛い~」と言ってくれた(嬉)

家に帰ってからも大ハッスルで(怖かった一日の反動)
元気に遊び、ご飯もシッカリ食べ。
今日の便の調子もバッチリ♪

あん父はいきなり練習もせずに乗せるのは可哀想だと言っていたが。
少しずつの練習ではきっと怖がるからやめておこうってことになり、結局乗れないままになるかも。
最初は強引で可哀想ではあるが、こうやってある程度の時間乗った方が姉さんにも平気であると知ってもらえるようだ。

一番疲れたのは私だったかも。。。
[PR]
by anzyscope | 2011-09-20 21:54 | あんず

野菜煮ラブ

昨日の日記に書いた「野菜煮」について。

市販のドライフードから手作り食へと移行するときは苦労した。
まずはドライフードに野菜や肉をトッピングする初級から始めたんだけども。
やはり、消化能力が弱いのかお腹がついてきてくれなかった。
それにトッピングでは好き嫌いがあって、気に入らないものは残っていた。

野菜を煮てドロドロ(フードプロセッサーなどで)にしたものを食べさせてるという方にレシピをお聞きして。
これならウチの姉さんにも食べれそうだと真似したところから始った。
出来上がったものはほんのりと野菜の甘さが出ている。
これならば(固形なら)好き嫌いのあるものでも、いろんなものと混ぜられて食べやすい味に変わる。
ちなみに姉さんはいつもお皿を綺麗にピカピカになるまで舐めてるくらいだ(卑しいとも言うけどね)

少しずつドライフードの割合を減らしていき(一般的にフードの移行には1ヶ月くらいかけてゆっくり変えるとよい)
今では、普段の食事は手作り食。
この野菜煮4に対して肉類6が姉さんの基本のご飯。
(これにオイル、サプリなどのトッピングがあったり、なかったり)
ドライフードは外出時用の食事や練習のご褒美、オヤツになった(もちろん災害時用にストックがある)


我が家の野菜煮の内容は、今週ならば白菜、カボチャ、おくら、サトイモ、まいたけ、ゴーヤ、にんじん。
それを鍋にお水と入れてコトコト。
アクをとりながらやわらかくなったら、ゆで汁を減らしてからブレンダーでドロドロっと。
それを小分けして冷凍。
旬の野菜ならなお栄養価も高く、安価である。

生の野菜が好きな子や、固形を食べるのが好きな子、お腹が大丈夫であれば、人間用のをその都度与えてもいいと思う。
(切ったり煮たり冷凍することで栄養価が減る)

野菜のいいところは植物性食品のみがもつ独自のパワーであるファイトケミカルと呼ばれる物質を含む点。
ブルーベリーのアントシアニン、ゴマのゴマリグナン、大豆のイソフラボン、トマトのリコピンなどのこと。
色に応じた個性をもった栄養素が含まれるといわれているので、これらをバランスよく摂取することがいい。

栄養バランスとかいちいち考えると難しくなるが、緑、赤、白、茶(キノコ類)と、いろんな色をいれましょっでいいと思う。

食べ物から水分補給ができることも野菜煮のいいところ。
身体の中の潤いは健康にはとても大切なことなので。



~~手作り食(野菜煮編)の注意点~~

もちろんワンコご飯として入れてはいけない野菜がある。
念のために書くとネギ類(長ねぎ、タマネギ)、ニラなど。

長期間に渡って使用が続く医薬品がある場合。
栄養素の吸収を阻害したり、過剰に排泄したりすることがあります。

姉さんはアレルギー体質なので、ナス、ピーマン、トマト、じゃがいもは極力避けている。
(この食材は関節炎、寄生虫感染のときも)

アブラナ科の植物は甲状腺疾患の個体には与えない。
大根、カブ、ブロッコリー、キャベツなど。

栄養素の欠乏についてや、病気ケガの治療中である場合は(食材について)獣医さんに相談されることをお薦めします。
d0158839_16203886.jpg
 ストック残り1、またコトコトしましょ 
今日の記事は本村伸子先生の『もう迷わない!ペットの健康ごはん』を参考にしてます。
[PR]
by anzyscope | 2011-09-13 16:24 | ワンコレシピ

スマホと首の凝り

d0158839_10471775.jpg
『母さんそのオモチャ使いこなせるの?』 スマホで撮った写真

「ねえ、スマートフォン面白そうじゃない?」とちょくちょく家人に誘っていたんだけど。
「使わんやろ・・・」と、はぐらかされる日々であった。
実際、私の携帯使用率はかなり低いしね。。。
何をしようっていう目的もなくただ興味があるだけであったから。

が、先週とあるセミナーにて(おうちで出来るペットのセルフケア系だったが、新たに興味のわくような収穫は無し)
聴講者(私も!)がせっせとスクリーンのメモを取っていると先生が、
「疲れるでしょ、写メ撮ってもいいですよ」と。
皆さんいっせいにパシャパシャやりだして。
私も???と思いながら、ふっるい携帯で撮ろうと構えたが。。。
やっぱりコレじゃ無理よね。
周りをみると、皆さん画面をピンチアウト(指で拡大するやつね)したりしてるじゃないの。
恥ずかしくなってすぐに携帯を鞄にしまったわ(笑)
そんなこんなでスマホほっすぃ病になり。。。

しかもタイミングよくDocomosさんから「おめでとうございます!」と何かに当選したかのようなメールが。
私を見てたんだろうか。。。
家人にも着てたから誰にでも送ってるんだろうけど(爆)
3150円の割引のお知らせであった。
対象機種を見たらばスマホも入っていたので、早速GO!(Docomoのワナにあっさりかかる)

カメラ機能は確かに感動した。
試しに文字の書いてある看板を撮ってからピンチアウトしたら、ちゃんと拡大されて字が読めるじゃないの。
が、あとは知らん。
文字、打ち抜くい(涙)

数日前にドン臭いことして首が軽い鞭打ちになっている。
連日、鍼治療に通いずいぶん良くはなってるんだけども。
スマホ触るとまた首が固くなる(笑)
ぼちぼちやらねばね。

~~ホリスティックケア~~
筋肉が固い状態だと骨を痛めやすくなる。
私が転んで鞭打ちになったのも、身体が固いせいだ。
筋肉を柔らかくするためには身体の中のイオンバランスが大切。
水分をたくさん摂っても、イオンバランスが整ってないとうまく吸収されない。
身体を潤わす前に汗や尿としてさっさと体外に出てしまうらしいのだ。
そこで鍼の先生に教わったのは深呼吸。
思いっきり息を吸って、思いっきり息を吐ききる。
深呼吸は自律神経やイオンバランスを整えてくれるとのこと。
簡単なので、せいぜい朝晩にでもやりたいものだ。

姉さんに深呼吸をしろといっても、無理だけど(笑)
野菜のドロドロ煮(スープ状)を毎食食べているので、水分はたっぷり摂れているみたい。
普段はお水を飲む姿をみないので心配になるほどだが、野菜で十分に潤っている証拠であろう。
逆に実家に帰ったときなどはドライフードになるので、お水をガブ飲みする姿が見られる。
デトックスや身体を潤わすためにも野菜煮はぜひともお薦め。

[PR]
by anzyscope | 2011-09-12 11:18 | 飼い主

鼻「タッチ」で危険回避

ウチのコマンドは『タッチ』ではなくて『お鼻』なんだけど。
(タッチは手でタッチするのと区別がつかなくなっちゃってるから)

鼻でタッチすることを教えておくと便利なこと。
我が家の場合、それは暗闇での散歩だ。

夜に河原の散歩は怖いので、住宅街を歩く。
これがけっこう無灯火自転車や自動車が怖かったりするんだけど。

姉さんの場合、車や自転車から緊急に避けたい場合、「こっちにおいで!」では来ない(汗)
しかも緊急だからと、リードを引っ張ったりなんかすると『絶対そっちに行くものか!』と踏ん張る。
だからいつも危険な方にお尻が突き出てしまってる状態だ。
ま、こうなるまでの反省すべき点は棚に上げて置いて、と。

手のひらを見せて「お鼻」と言うと、姉さんは鼻でタッチしにくる。
これは外でもすんなりやってくれるコマンド。
お座り(逃げるのが遅れる)やらスピーク(敵に見つかる)やら自分がより危険にさらされるコマンドではないからであろう(汗)
しかももれなくオヤツがもらえるんだから尻尾振って喜んでやってくれる。

自転車が来た!
「お鼻!」で安全な方へササッと誘導。
今はこれが一番うまくいく。


d0158839_1737964.jpg
 何でもいいから早く遊んでよっ
[PR]
by anzyscope | 2011-09-06 17:39 | 躾考

静かな遊び

雨が続き、散歩は連休。

姉さん、いつもよりお目目キラキラ(汗)

『ねっ練習しょっ♪』

今日の分は終わってるのに、まだやってないかのような顔で誘ってくる。

そういう時は、「じゃ爪切らせて~」と爪切りを持ってくる。
2本切ったらオヤツ。


練習もウチの場合は姉さんのテンションをあげないようにするのが今の課題。
いろいろやってるが、いまんとこ身体を動かさないのがいい感じ。
動く練習でテンションあがりすぎたら動かない練習を入れてクールダウン。

「そのまま」キープで手や顔の上にオヤツを置くのとか。
姉さんはその場で動かず、「鼻タッチ」でボールを転がしあいっこするのとか。
ボールのやりとりも一回やったらすぐに飛んできてオヤツ♪になるから。
3回は続けてやりとりをするように(すぐに立ち上がらない練習)・・・

私も正座して静な声で「お手前拝見します」
姉さんも神妙な顔で伏せで待つ。
ボールを静に姉さんの前に転がす。
姉さんも鼻で押し返す。
私、無言で押し返す。
姉さん、鼻で・・・
何が楽しいんじゃいっ!?て声が聞こえそうだけども(汗)
これテンションがあがりすぎないのでお薦め(ほんまかいなっ)

d0158839_7562393.jpg
 ちゃんと押し返さないとオヤツがもらえないのよね・・・
[PR]
by anzyscope | 2011-09-05 07:58 | 躾考

カテゴリ

全体
骨折
あんず
飼い主
散歩
お友達
からだのこと
たべもの
躾考
犬グッズ
ボランティア
ボランティア勉強会
ワンコレシピ
ホリスティック・ハーブ
ツボ・リンパ・東洋医学
旅行
ペット栄養管理士
歯周病ケア
Robi
シニア犬
未分類

最新の記事

あんず10歳
at 2015-08-22 07:51
10月
at 2014-10-13 21:42
ドクタードッグ活動(北摂中央..
at 2014-06-21 23:14

以前の記事

2015年 08月
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

LINK

ライフログ

検索

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
スピリチュアル

画像一覧