愛犬あんずと覗く日々の出来事


by anzyscope

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:躾考( 19 )

十犬十色

昨日は、姉さんと私でTOUTOU VIVANTさんへ。
お勉強(?)仲間が飼い主さんの様々な相談に乗っているところを見学させてもらうのが目的で。

午前中パートで一笑懸命働いてから行ったので、かなり遅くなってしまったけども。
しかも姉さん珍しく出発前にゲボッと嘔吐。
それでも、尻尾ブンブンで元気だし、私とお出掛けとわかってもちゃんと玄関までしおらしくついてきたから予定通り同行。

ドッグランが併設されてるカフェなので、元気に遊ぶ子がいっぱい。
ということで、姉さんまたブルブルで気配を消すのに必死で(汗)
昔の私ならば無理やり床で過ごす練習をしたり・・・・だけど。
ずっと膝の上で抱っこ。
姉さんはこれでいいのだ。
膝の上にいれば怖いことはないのだとわかってくれればね。
そして美味しいオヤツを食べるというハッピーもついてるよ、と。
お店のワンコメニューで紫芋のモンブランを頼んだが、すごく怖がってるのに完食した(笑)
私が食べてしまいたいくらい美味しそうだったもんね~
怖がってる姉さんの反応を心配したり、残念に思ったりしないことが私の大事な仕事(!)



少し聞いただけでは、ご相談内容に食事に関すること(太ってきたから)があった。
姉さんのスタイル維持は食べ物の内容での反応が早いから苦労したことはないんだけど。
それに気温の変化にも敏感で寒くなると体温維持のためカロリー消費が高くなり、痩せてくる。
が、コタツを使い始めるとコタツの中でマッタリする時間が多くなり、太ってくる。
春になり(夏の手前ともいう)コタツを仕舞うと痩せてくる。
糖分の多い果物や野菜の量が増えると太る。
果物、オイルの量を減らすと痩せてくる。
姉さんてなんて楽なんだろうか。。。

飼い主さんにすれば、このまま太り続けたらと不安なのはわかる。
ヒトの成人病のような病気のリスクも高くなるし、身体的にも腰の弱い犬種ならば気を使うところだろう。

まずは食事の量。
犬猫用のカロリー表やフードに書いてある体重別年齢別適量が目安にはなるが、運動量や環境によっても代謝が違ってくる。
内臓の強さやストレスによっても。
まずは一日の適量を守る。オヤツはそのつど袋から出してるとつい与えすぎてしまうことが多いようだ。
一日分の食事を用意して、その中からオヤツ、朝食、夕食と分けておく。
それ以上は出さない。
可能であれば一日の食事の回数を増やす。
脂肪や糖質の多い食材を減らす。
単に運動量を増やすのではなく、その子の無理のないように。過運動でもいけない。

食事を見直しても、太る、痩せるが解決しないならば、何かの病気の可能性も出てくる。
これまでと様子が違うなど、気になるなら獣医さんに相談するのが一番だ。
d0158839_8451967.jpg
d0158839_8452946.jpg

        姉さんすでに長袖着用です・・・・
[PR]
by anzyscope | 2011-09-26 08:53 | 躾考

鼻「タッチ」で危険回避

ウチのコマンドは『タッチ』ではなくて『お鼻』なんだけど。
(タッチは手でタッチするのと区別がつかなくなっちゃってるから)

鼻でタッチすることを教えておくと便利なこと。
我が家の場合、それは暗闇での散歩だ。

夜に河原の散歩は怖いので、住宅街を歩く。
これがけっこう無灯火自転車や自動車が怖かったりするんだけど。

姉さんの場合、車や自転車から緊急に避けたい場合、「こっちにおいで!」では来ない(汗)
しかも緊急だからと、リードを引っ張ったりなんかすると『絶対そっちに行くものか!』と踏ん張る。
だからいつも危険な方にお尻が突き出てしまってる状態だ。
ま、こうなるまでの反省すべき点は棚に上げて置いて、と。

手のひらを見せて「お鼻」と言うと、姉さんは鼻でタッチしにくる。
これは外でもすんなりやってくれるコマンド。
お座り(逃げるのが遅れる)やらスピーク(敵に見つかる)やら自分がより危険にさらされるコマンドではないからであろう(汗)
しかももれなくオヤツがもらえるんだから尻尾振って喜んでやってくれる。

自転車が来た!
「お鼻!」で安全な方へササッと誘導。
今はこれが一番うまくいく。


d0158839_1737964.jpg
 何でもいいから早く遊んでよっ
[PR]
by anzyscope | 2011-09-06 17:39 | 躾考

静かな遊び

雨が続き、散歩は連休。

姉さん、いつもよりお目目キラキラ(汗)

『ねっ練習しょっ♪』

今日の分は終わってるのに、まだやってないかのような顔で誘ってくる。

そういう時は、「じゃ爪切らせて~」と爪切りを持ってくる。
2本切ったらオヤツ。


練習もウチの場合は姉さんのテンションをあげないようにするのが今の課題。
いろいろやってるが、いまんとこ身体を動かさないのがいい感じ。
動く練習でテンションあがりすぎたら動かない練習を入れてクールダウン。

「そのまま」キープで手や顔の上にオヤツを置くのとか。
姉さんはその場で動かず、「鼻タッチ」でボールを転がしあいっこするのとか。
ボールのやりとりも一回やったらすぐに飛んできてオヤツ♪になるから。
3回は続けてやりとりをするように(すぐに立ち上がらない練習)・・・

私も正座して静な声で「お手前拝見します」
姉さんも神妙な顔で伏せで待つ。
ボールを静に姉さんの前に転がす。
姉さんも鼻で押し返す。
私、無言で押し返す。
姉さん、鼻で・・・
何が楽しいんじゃいっ!?て声が聞こえそうだけども(汗)
これテンションがあがりすぎないのでお薦め(ほんまかいなっ)

d0158839_7562393.jpg
 ちゃんと押し返さないとオヤツがもらえないのよね・・・
[PR]
by anzyscope | 2011-09-05 07:58 | 躾考

リードワークセミナー(追記)

他の犬と出合ったとき、すれ違う時、なるべく落ち着いていられるように。
以前は、私に注目させることでやり過ごす、慣れていくという方法をとっていた。
オヤツを使ったりしながら。
怖いもの見たさ(?)で、傍に来るワンコを見ていたいのに、私に注目をさせること。
怖くてたまらないのに、座ってジッと我慢すること。
姉さんに大きな苦痛を与えていたと思う。


これもあるレベルのワンコには良い方法だと思う。
が、姉さんはまだこのレベルではなかった。
もっともっと易しいところからやらなくてはいけない。
頑固姉さんにはスモール(ベリーベリースモール)ステップが大事(笑)

平気ですれ違うなんてまだまだ先の目標。
犬が遠くにいても平気という段階から慣らすのだ。

匂いを嗅ぐということは犬を落ち着かせることになる。
今は大抵興奮気味に匂いを嗅いでる感じが気になるが。
でも、匂い嗅ぎに夢中なので、私が楯になり他のワンコとすれ違った後も
素早く次の匂い嗅ぎに入る。
最近はすれ違う時も匂い嗅ぎで興奮気味の尻尾のままということがあるし。
いまはこれでいいんじゃないかと。
これまでも匂い嗅ぎをきびしく禁止していたわけではない。
匂いを嗅ぐ余裕が出てきたのだろう。



外で犬とすれ違っても怖いことはないという経験を重ねること。
なので、飼い主さんには遠めに会釈だけして、立ち止まることは避けるようにしてる。

d0158839_7492440.jpg
 大好きなタマゴちゃん遊びも注意が必要

テンションが急に上がるようなことはやめる。
大好きなことも、興奮しすぎないうちにクールダウン。
あとは・・・我が家は家の中でかまいすぎるっつう問題もあるけど(汗)
小さくて悪いネズミさんが可愛くて面白すぎるからね~。。。
[PR]
by anzyscope | 2011-07-20 07:59 | 躾考

リードワークセミナーに参加

昨日はブログのファンであるグラさんのセミナーに参加した。
(関係構築のためのリードワーク)
セミナーの内容についてはこちらに書かれている→
アグレッシブなタイプの子の相談が多いようだが、姉さんタイプの子の話もあり。
それでもグラさんの心地よい声に不覚にも何度も舟をぶっこいでしまった(大汗)
最後の2時間は質疑応答タイムであったが、セミナー中に自分の中に答えが出てしまい。
あとは、お笑い芸人顔負けトークで愛犬の悩みを打ち明ける参加者さんの話を楽しんだ。

躾というのかトレーニングというのか修行というのか、とにかくそういう事にはずっと興味がある。
他の犬が怖い姉さんに、社会化しているつもりで逆効果になってしまったということが私のシコリであるからかも。

犬のトレーニングについてはこの10数年のうちに大きな変遷があったようだし。
情報は溢れてるし。
自分の中で消化不良を起して常にモヤモヤしたものがあるのは、取り込み過ぎで咀嚼が足らないせいでもあるけど。
『犬をトレーニングするどの方法にも欠点はあり、その欠点をいろんな方法で補完できればいい』
最近読んだトレーナーさんの言葉だけど、これが私のモヤモヤをスカッとさせてくれた。

(7月21日記入)それぞれのトレーニングの背景の理念まで読むこと。テクニックだけいいとこ取りしてはいけないのだ!グラさんの7月21日のブログより(汗)



で、昨日のセミナーで私の中に取り込まれたのは犬との信頼関係だ。
私と姉さんは相思相愛であるが(爆)問題はある。
一番の悩みは、グラさんの言葉である『散歩はドッグライフ最大の楽しみです!』だ。
一切のワンコが怖い姉さんは散歩がすごく楽しいわけではなかったから。
ここんところを何とかしたかったのだ。


グラさんのブログを参考にして散歩の仕方を変えてから1ヶ月くらいかな。
(3mリードとハーネスの組み合わせは他のトレーナーさんの推奨で今年の初めから試している)
具体的には姉さんに信頼してもらえるような方法というか。
・姉さんの苦手なところには連れて行かない。
・守ってあげる(常に傍にいる、ストレスシグナルを出しているときは救ってあげる)
・気にかけてあげる(犬や自転車とすれ違う場合は必ず私がそれらと姉さんの間に立つ)
・姉さんに適切な決定をさせる(コマンドで指示するのではない)

小さいところからだが、良い変化は起こっている。
・散歩中、尻尾のウキウキ度が確実にあがっている
・好きなだけ匂いを嗅ぐという楽しみが強まってるので、遠くの犬や人に気を取られる事が少なくなった。
・他の犬とはできるだけ距離を取り必ず私が楯になるように移動するため、安心して前に進み続ける。

これだけでも、どれだけ嬉しいことか。
『飯使い』から『信頼できる母さん』に昇格できますように~

d0158839_22564760.jpg
 台風が苦手で我が家に避難してきたばぁばと遊ぶ♪

d0158839_22572488.jpg
 興奮度MAX時に出てくる舌
[PR]
by anzyscope | 2011-07-19 18:58 | 躾考

練習好きとは思えない顔

ウチの場合、『テイク』は横着な使い方をしている。
「持って」も「拾って」も「持って行って」も・・・、この一言に。

今までオモチャを咥えたままじっとしているということが出来なかったんだけど。
咥えてもパッと瞬時で離す(すぐにご褒美が欲しい!)
それがついに、出来るようになった(感涙)
先生のアドバイス通り、テイクで持って来いの距離を伸ばしていくということが効いた

出来るようになったといっても偶然つうか・・・
それはコマンドを出した後にする私の『ダチョウ倶楽部』もしくは『せんだみつお』的な身振りによるもので。
「テイク!」の後の私のアクションに姉さんが固まった・・・ともいう(爆)
が、それでストップをかけて数秒してからホメホメ♪したら、何度でも出来るようになった。

が、「テイク」を使うのは姉さんには納得がいかんようで。
伏せでステイさせられたまま、テイクもするのかよ!という不満のウルルル音を出す(汗)
テイクはこれじゃないわよ!とか。
伏せのステイをしたのに、ご褒美がない!とか。
最初のうちはオモチャを口の前に持って言っても首を振ったり、口でタッチだけしてみたり。
それも毎回ウルルル言いながら。
練習の時はテンションがあがりすぎるので、ジッとしている事自体が苦手というのもあるんだけど。

何枚か写真を撮ったが・・・わかりにくいけど、かなり怒った顔なのだ(汗)
練習好きな姉さんが怒った表情。。。
何かこれは別の動きなんだよということで、コマンド名を考えなくては。
いつもナイスな命名なさるびっpapaさんならなんとつけるでしょうか?(何気に催促してみたり)

d0158839_722150.jpg

d0158839_7222245.jpg

d0158839_7223831.jpg



~私のツボ~
昨日、『syakё pins展』でハートを射抜かれゲットした鳥さん♪
テグスで吊り下げられるようになったドーナツ型苔玉の上に乗ってるのだ。
d0158839_7255764.jpg
(暗い早朝に撮ったので色がきちんと出せずごめんなさい)
美しい苔玉で出来た森の中で出会う小さな動物達の世界は、『良い夢』の中にいるみたいであった♪
[PR]
by anzyscope | 2011-05-28 07:32 | 躾考

意識してリラックスを取り入れよう

『ごろ~ん』で仰向けに寝る。
『ロールオーバー』で横向きに一回転。
こういう身体を伸ばすような動きはリラックスにもつながるということで・・・・
ウチは以前お世話になっていた教室で『バキューン』&『ロールオーバー』を習ったので早速久々に・・・

あれれ???
『バキューン』で硬直するからこれは良くない(笑)
リラックス~な『ごろ~ん』を教えないといけないな~。
姉さんは練習大好きだから、嬉しい脳内物質はたくさん出てるだろうけども。
リラックスさせるのが難しいのよね。。。
やっぱり、ストーブ前でまどろんでる時に、呪文かけて・・・いやいや、リラックスのコマンドをかけてその雰囲気を覚えさせることが良さそう(やるんだ私!)



非常時こそ、落ち着かないとね。
不安感とは伝染してくるものだと思うけど、こんなときこそリラックスして良い智恵が出てきますように。

↓音量にご注意くださいませ(汗)

バキューンの後はロールオーバーでしょ、とコマンドかける前からぐるリンパ(汗)



*コメント欄は閉じさせていただいてます 緊急災害時動物救援本部 義援金募集
[PR]
by anzyscope | 2011-03-16 14:09 | 躾考

美味しい楽しいズルい姉さん

爺の体調が悪くて心配が続く日々だけど。

昨日は予約していたマナー教室に参加できた。
あんずのお勉強の様子はこちら→PFLJさんのブログ2/7
(UPありがとうございました♪)


教室という場所には慣れたようで。
始めに先生と雑談中(私がいろいろお聞きしたい事があって)尻尾あげあげで私と先生の間を行ったりきたりオヤツを食べてた姉さん。
ときどき、私の腕をクイッと鼻で持ち上げて『ねえ!』と催促していた。

おもちゃを箱に入れるブリングも随分出来るようになった。
が、やはりオヤツが食べたい一心で、何をやるべきか混乱してしまってる時もある。
ほんとにわからなくなってるというより、手っ取り早い仕事を選んでる感じ(汗)
犬も年を取るだけずる賢くなるというか、こういう面も出てくるのだそうだ(笑)

普通におもちゃを箱に入れられるようになったら、次はおもちゃを隠して探させるという事も。
まずは、タオルの下におもちゃを隠して「ブリング」を指示(最初はオモチャを半分見えるように)
鼻でグイグイタオルをめくっておもちゃを咥えることが出来た。
この場合、タオルを咥えてしまうこともあるそうなんだけど。。。
姉さんのおもちゃは既にオヤツの匂いが沁み込んでるし、家では鴨さん型のおもちゃで練習してるから。
鴨でなければオヤツをもらえないと思い込んでる節もある。
それで上手くいったのだろう。

お座りで待たせて・・・姉さんの後ろでオモチャをタオルの下に置く。
以前お世話になっていた教室では、待たせてる間もウォッチミー(飼い主の目を見る)を強化していたせいか・・・
姉さんはグリ~と首を回してガン見してはりますが。


終わりの時間。
先生とお話中に外部に面した窓に向ってテッテケテ~と駆け出した姉さん。
運動がてら来るように言っていたため、あん父が外から覗いていたのであった。

以前は、あん父に迎えに来てるとわかっていても、ボーッとした顔をしていたのに。
それだけ緊張が高かったのだ。
わかってるけど、喜びを表現する余裕がないって感じで。

今回の姉さんはこれまでで一番楽しそうに見えた。

d0158839_1543692.jpg
『今日も美味しかったよ』
[PR]
by anzyscope | 2011-02-08 15:50 | 躾考

確信を持って動く

毎日ブリング(おもちゃを持ってきて籠の中に入れる)の練習をしていた。

姉さんのテンションの度合いによって成功失敗があったりしていたが。。。
今週の教室で、私が用意していた籠のことも指摘された。
まだ練習を始めたところなのに、小さ過ぎたのだ。
色も薄い黄緑だったので、もっとはっきりした色の方が良いとのこと。

家の中にちょうど良いものがなく、大きすぎるかと思ったが洗濯物を入れる籠に変えてみた。
姉さんにははっきりよくわかるし、おもちゃを咥えた口の高さと籠の縁の高さが調度良い。

新しい事を練習するときは、わかりやすく簡単なところからスタート!が基本であった(せっかちはいかん)

これまで、おもちゃを籠に入れたらオヤツがもらえるということは「気付いていた」レベル。
おもちゃを置いた場所から私までの進路上に籠があれば出来る。
が、籠の位置が私を通過したところにあったりすると、私の手(オヤツ)の方に先に吸い寄せられて来る。
早くオヤツを食べたいという気持ちが、遠くの籠より、近くの手に負けてしまって。。。
「なんで?まちがってる!?」と、あっちゃらへ投げ飛ばしてみたり。。。
しっかり籠の中へ入れるということが強化されずにきてしまった。

籠をわかりやすいものに変えてから、グンと成長が見られた。

昨夜はとうとう『気付いている』レベルからはっきりと『理解した』レベルまでいったようだ(ほんまかいな)
おもちゃをいくつか置いた場所から指差して「ブリング」と言われたものを私を通過した地点の籠にちゃんと入れることが出来た。
ちゃんと理解している。
失敗なく出来るようになってきたから3つくらい連続して「ブリング」してからオヤツ。
落ち着いて確実に籠に入れては往復していた(これが可愛いのだ)
大抵、籠の手前に落としてしまうんだけど、何も言わなくても籠の中へ入れなおす。
入れたあとも少し籠の底を覗き込んでジッとおもちゃを見ている様子が可愛い。
(この行動の意味がちょっとわからんけど)

あら、こうしたらオヤツがもらえるんだ~という気付き。
     まあまあ成功という時でもオヤツでやる気を出させる

母さんがアタシにこういう感じのことをさせたがっているが、はっきりとした確信がない状態。
     成功したり失敗したり
      (ここでわかりやすく、簡単な変化を加えて徐々に難しくしていく)
     確実に正解を出したときにしかオヤツを出さない。
     なかなか正解が出ないとブータレてくるので、少し簡単なレベルに落とす。
     何が正解かをはっきりさせていく。


正解が何かを知る。確信を持って行動するようになる。
     褒められて嬉しい♪ 自信の笑顔♪
     


d0158839_8254988.jpg
大好きな歯磨きをしてもらえると確信して待ってるの図
[PR]
by anzyscope | 2011-01-29 08:27 | 躾考

訓練馬鹿

昨日は、教室の行きも帰りも(珍しく)すごく気分の良い散歩が出来た。

(普段は・・・憂いな気分とまで言わなくても、楽しいと思えるのは部分的)

気分が良かったのでブログもサクサクッとありのまま書いてUPしてしまった。

今日は昨日の帰り道の反省をしましょ。
昨日の他所のワンコとのすれ違いシーンはまずかったのだ。
ちゃんと正しい方法を書いておかねば。
この「正しい」も、現在の私が思う正しい方法。
熱心に指導してくださった先生方や真摯にアドバイスをくれる友人がずっこけ落胆しないように。
それに、これが良い方法なのか~と思ってしまう人がいたら気の毒だし。


昨日の私は、教室であんずと充分やり取りをした後だったので(言い訳だが)楽な方を優先してしまった。
あんずが怖い思いをした後、すぐに気持ちを切り替えて楽しい散歩が継続することを願ったのだ。

怖いワンコとすれ違う時、パッと前に飛び出した(逃げた)
その後、お座りさせてオヤツを食べさせた。
あんずは喜んで食べてまたプリプリ楽しそうに散歩を続けた(私は楽しい散歩が継続できたことに満足した)
これでは、あんずは怖い犬とすれ違う時、前に飛び出してもいいものだと考えてしまう。
だって、飛び出した後にお座りしたら美味しいオヤツをゲットできたから。
犬は直前に起こったことと関連付けて覚えてしまうので、お座りしたからオヤツをゲットできたとしか思ってない。
私的には怖い思いをすぐに切り替えることが出来てシメシメなんだけど。


犬とすれ違う時、前に飛び出すのをやめさせる。これがこのシーンでの最優先事項だった。
前に飛び出す・・・ちゃんと前を向いて歩けていたが、怖いという気持ちを高めてしまったということ。
(もっとも、ほんとに姉さんが苦手そうな犬なら方向転換してすれ違う事自体を避ける)

・前に飛び出すをやめさせたかったら、この動きと同時にはできない何か別の動きを教える。
・すれ違う前からお座りさせてオヤツを食べさせる。
 この時やってきたワンコを見ないように私がブロックするか、私に集中するよう声をかけ続ける。
・もう少しあちらさんがOKなタイプ(あんずが怖がらない)であったら、私に集中させながら歩き続ける。

こうやるべきであった。

昨日も小声で声をかけながら歩いてたんだけど、中途半端なやり方では駄目だった。
ちゃんとさせたいならワテがちゃんとやらなあかんのや。。。

面倒臭い。。。でも、この面倒臭い事を継続すればいつかご褒美がやってくることであろう(希望)


d0158839_1419403.jpg

でんぐり返りそうな走り方なのよね
家の中で、背中を床に擦ろうとする直前のお辞儀のポーズになった時、お尻を押してでんぐり返らすのが好きだ。
『にゃははは~!何するのよ~!』と姉さんもゲラゲラ笑う(って風に見える)

d0158839_1423525.jpg

私と2人きりで散歩のときはけっこうテンションあがってるし、よく歩くというプチ自慢をしたらば・・・
自分と二人だけの時もあの歩道橋まで走りっぱなしやで~、と、あん父に自慢返しされた。
[PR]
by anzyscope | 2011-01-18 14:35 | 躾考

カテゴリ

全体
骨折
あんず
飼い主
散歩
お友達
からだのこと
たべもの
躾考
犬グッズ
ボランティア
ボランティア勉強会
ワンコレシピ
ホリスティック・ハーブ
ツボ・リンパ・東洋医学
旅行
ペット栄養管理士
歯周病ケア
Robi
シニア犬
未分類

最新の記事

あんず10歳
at 2015-08-22 07:51
10月
at 2014-10-13 21:42
ドクタードッグ活動(北摂中央..
at 2014-06-21 23:14

以前の記事

2015年 08月
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

LINK

ライフログ

検索

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
スピリチュアル

画像一覧