愛犬あんずと覗く日々の出来事


by anzyscope

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ワンコレシピ( 4 )

関節ケアのメニュー 

(あんず記)
今年からアタシのご飯に時々入るようになった美味しいのを紹介します。

エリザベス・ワイターのセミナーで紹介されていたもの。
ヒーリングのモニターとして参加してた猫ちゃんがすごく美味しそうに食べていたそうで(アタシゃ猫じゃないよ)
d0158839_851565.jpg
      オイルサーディン(イワシの大豆油漬けbyハゴロモフーズ)
こちらには塩分が入ってますが、海水の自然な塩気なのでたまに食べる分には気にしなくてもいい程度。
アタシ用らしいけど、母さんたちもおいしそうに食べてます。
すっごく美味しいです。

イワシに多く含まれるオメガ3系と大豆油が含むα-リノレン酸が体内で変換されてできるオメガ3系にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)が含まれています。
これらは、脳や神経系の働きをよくしたり、皮膚アレルギーや関節、腸、腎臓などの炎症にも有効とされています。
ただし、他で摂るオメガ6系(リノール酸)との比率が重要。



あとは、ロバ100%というのが恐ろしいんだけど(笑)
『アキョウ』という粉末コラーゲン。
アタシの細い細いの足のために、筋肉や骨の中にも含まれているコラーゲンを摂ってみてはどうかと。
母さんほんとは自分のアンチエイジングのために買ったようですが、獣臭が無理とかいってもっぱらアタシ用です。


d0158839_92921.jpg特に寒い日のお散歩は無しです。
家の中で、大好きな練習をする時間が楽しみ♪
お陰でちょっぴり太ってきました。。。
[PR]
by anzyscope | 2012-01-28 09:09 | ワンコレシピ

しらす乗っけ

d0158839_7284130.jpg
 プップをする直前は場所が決まるまで小躍りステップを踏む姉さん


昨夜の姉さん飯は久しぶりに魚系。
これまでの経過ではイワシを生では食べてくれないので、カボチャと一緒にハンバーグ状にしていたが、昨日は半身ずつフライパンで焼いただけ。
いつもの野菜煮には、朝晩冷えるようになってきたこともあり生姜をプラスした。

お皿の中に野菜煮ペースト状を入れてからイワシの焼いたのを置いて、その上に大好きな牛肉、トッピングにしらすを。
随分好みだったらしく、食べ終わった後も我々の膝の上に手を置いて
『もっと食べたい~!』
絶対もらえないあん父の膝にも手を置いていた。
いつもなら食べた後はベッドの上で我々が食べ終わるのを待ってるのに(凝視しながらね)よほど気に入ったのね。

こんなに喜ぶなら牛肉無しでも良かったかな。
食いつきの悪いものでも、大好きなものと一緒なら勢いで食べてくれることがあるから保険のために入れたのだ。

ワンコも人間と一緒でいつのまにか好みが変わってきたり。
苦手なものでも好きなものと食べてるうちに食べなれてしまうのか、単独でも食べるようになったり。
食べないから無理と諦めずに、忘れた頃にでもあの手この手を試してみるといいと思う。

d0158839_7405175.jpg

[PR]
by anzyscope | 2011-09-30 07:43 | ワンコレシピ

野菜煮ラブ

昨日の日記に書いた「野菜煮」について。

市販のドライフードから手作り食へと移行するときは苦労した。
まずはドライフードに野菜や肉をトッピングする初級から始めたんだけども。
やはり、消化能力が弱いのかお腹がついてきてくれなかった。
それにトッピングでは好き嫌いがあって、気に入らないものは残っていた。

野菜を煮てドロドロ(フードプロセッサーなどで)にしたものを食べさせてるという方にレシピをお聞きして。
これならウチの姉さんにも食べれそうだと真似したところから始った。
出来上がったものはほんのりと野菜の甘さが出ている。
これならば(固形なら)好き嫌いのあるものでも、いろんなものと混ぜられて食べやすい味に変わる。
ちなみに姉さんはいつもお皿を綺麗にピカピカになるまで舐めてるくらいだ(卑しいとも言うけどね)

少しずつドライフードの割合を減らしていき(一般的にフードの移行には1ヶ月くらいかけてゆっくり変えるとよい)
今では、普段の食事は手作り食。
この野菜煮4に対して肉類6が姉さんの基本のご飯。
(これにオイル、サプリなどのトッピングがあったり、なかったり)
ドライフードは外出時用の食事や練習のご褒美、オヤツになった(もちろん災害時用にストックがある)


我が家の野菜煮の内容は、今週ならば白菜、カボチャ、おくら、サトイモ、まいたけ、ゴーヤ、にんじん。
それを鍋にお水と入れてコトコト。
アクをとりながらやわらかくなったら、ゆで汁を減らしてからブレンダーでドロドロっと。
それを小分けして冷凍。
旬の野菜ならなお栄養価も高く、安価である。

生の野菜が好きな子や、固形を食べるのが好きな子、お腹が大丈夫であれば、人間用のをその都度与えてもいいと思う。
(切ったり煮たり冷凍することで栄養価が減る)

野菜のいいところは植物性食品のみがもつ独自のパワーであるファイトケミカルと呼ばれる物質を含む点。
ブルーベリーのアントシアニン、ゴマのゴマリグナン、大豆のイソフラボン、トマトのリコピンなどのこと。
色に応じた個性をもった栄養素が含まれるといわれているので、これらをバランスよく摂取することがいい。

栄養バランスとかいちいち考えると難しくなるが、緑、赤、白、茶(キノコ類)と、いろんな色をいれましょっでいいと思う。

食べ物から水分補給ができることも野菜煮のいいところ。
身体の中の潤いは健康にはとても大切なことなので。



~~手作り食(野菜煮編)の注意点~~

もちろんワンコご飯として入れてはいけない野菜がある。
念のために書くとネギ類(長ねぎ、タマネギ)、ニラなど。

長期間に渡って使用が続く医薬品がある場合。
栄養素の吸収を阻害したり、過剰に排泄したりすることがあります。

姉さんはアレルギー体質なので、ナス、ピーマン、トマト、じゃがいもは極力避けている。
(この食材は関節炎、寄生虫感染のときも)

アブラナ科の植物は甲状腺疾患の個体には与えない。
大根、カブ、ブロッコリー、キャベツなど。

栄養素の欠乏についてや、病気ケガの治療中である場合は(食材について)獣医さんに相談されることをお薦めします。
d0158839_16203886.jpg
 ストック残り1、またコトコトしましょ 
今日の記事は本村伸子先生の『もう迷わない!ペットの健康ごはん』を参考にしてます。
[PR]
by anzyscope | 2011-09-13 16:24 | ワンコレシピ

誕生日メニュー

姉さんの誕生日の夕食はワンコピザ♪

いつもは人間と同じピザ生地で作っていたが、今回の生地はジャガイモ。

<ワンコ用ピザ>
ジャガイモの細切りスライサーして片栗粉を少々まぶす
テフロンのフライパンにジャガイモを薄く丸く均してパリパリ焼きにする
その上にカボチャのマッシュを敷いてから具をトッピングしてトースターで少し焼く
今回の具は、馬肉ボイル、茹で卵、ゴーヤボイル、トマト、チーズ
d0158839_11405247.jpg



お次はデザート♪
これは3日がかりで作ったので、食べたのは今日(笑)
ヴィーガン(純菜食主義者)のためのデザートレシピだけど、内容見ると姉さんにもOK♪
人間もワンコも同じものを美味しく食べれる。
参考図書:㈱リトルモア発行 VEGE BOOK3(ヴィーガン・デザートを作ろう)
甘いものが毎日食べたい人にはお薦めの本!(白砂糖、卵、動物性乳製品を使わないレシピ)

1日目クッキーを焼く
2日目スポンジを焼く
3日目デコレーション
実際は3日に分けなくても、普通のデコレーションケーキ作るよりずっと手間は簡単。
卵、生クリームを使わないから、あの大変な泡立て作業がないからだ。

d0158839_13245864.jpg
レシピブックの写真に惚れて執念で作った(笑)

<クッキー>
薄力粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダー、菜種油(キャノーラ油)、メープルシロップ、塩

<スポンジ>
薄力粉、全粒粉(レシピでは玄米粉)、アーモンドプードル、ベーキングパウダー、塩、豆乳、牛乳(レシピではライスミルク)、メープルシロップ、菜種油、バニラエッセンス(レシピではバニラエキストラクト)

<デコレーション>
豆腐クリーム(木綿豆腐、メープルシロップ)、メロン、ブルーベリー、ラズベリー
作り方、分量等についてはレシピブックそのままなので割愛

人間用のクリーム(レシピでは)にはラム酒とバニラエキストラクトを加えることになっていたが、スポンジ自体がかなり美味しかったので省いた。
姉さん用と我々用にクリームを塗り分けるのが面倒だったのが本音ですけんど。。。

豆腐のクリームなんて。。。と思ったが、フルーツタップリだったのとやはりスポンジの美味しさで問題なく食べられた(笑)
私的にはすごく美味しかった。
姉さんも美味しいと喜んだ(と思う)


<<ホリスティックケア的食材メモ>>
(ゴーヤ、カボチャ、トマト)
 抗酸化物の豊富な食材
(馬肉)
 貧血予防、ゴーヤ(ビタミンC)と一緒に食べることで吸収率UP
(卵黄)
 皮膚と粘膜の強化
(菜種油)      
 必須脂肪酸であるリノール酸(20.9%)アルファーリノレン酸(8.7%)が少ないが、酸化しにくいオレイン酸(60%)が豊富なので熱を加える料理には適している  オレイン酸は動脈硬化や心疾患の予防にもよいということが分かっている
       
[PR]
by anzyscope | 2011-08-24 11:41 | ワンコレシピ

カテゴリ

全体
骨折
あんず
飼い主
散歩
お友達
からだのこと
たべもの
躾考
犬グッズ
ボランティア
ボランティア勉強会
ワンコレシピ
ホリスティック・ハーブ
ツボ・リンパ・東洋医学
旅行
ペット栄養管理士
歯周病ケア
Robi
シニア犬
未分類

最新の記事

あんず10歳
at 2015-08-22 07:51
10月
at 2014-10-13 21:42
ドクタードッグ活動(北摂中央..
at 2014-06-21 23:14

以前の記事

2015年 08月
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

LINK

ライフログ

検索

その他のジャンル

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
スピリチュアル

画像一覧